専門視能訓練士

Certified orthoptist

目的

協会は、専門領域での高度な知識と技術および、豊かな人間性を備え、専門職として臨床、研究および教育の場で原動力となり得る者に対して、「専門視能訓練士」の称号を授与する。専門視能訓練士は将来のリーダーとしての活躍を期待される。

専門視能訓練士の役割

1.専門視能訓練士は、高度な視能管理を行う者として、国民の健康に寄与し、医療技術者としての社会貢献を果たす。 2.豊かな人間性を持ち、公明正大で、自己研鑽を積み重ね、視能管理を行う者として一定水準以上の知識と技術を有し、さらに自己が選択した専門領域における優れた臨床力を備える。 3.専門視能訓練士は、後進が自らの意志で課題を見つけ、積極的に学ぼうとする心を育み、学ぶ意欲を刺激することによって動機を高める。自らは適切な言葉・行動を示し、視能学領域の牽引をし、後進の目標になって指導に努める。 4.視能に関わる検査および評価の改良(改善)、治療に関わる器機の開発ならびに制作を通して視能学の発展に寄与する。

対象

認定視能訓練士

申請と認定証の交付手続き

専門視能訓練士認定条件(視能訓練学)
①認定視能訓練士を1回以上更新していること ②専門教育プログラムを修了していること(自己が選択する専門領域の試験は8割以上の正答であること) ③専門視能訓練士の勤務する施設(基幹病院)で3年間の研修を修了していること 研修開始条件は別途定める ④免許取得後、筆頭論文(査読付き)が5篇以上あること(修士・博士の論文はそれぞれ1篇とする)、うち1篇以上は専門視能訓練士認定申請時より過去3年間にあること ⑤免許取得後、学会での発表(口演・筆頭)が5回以上あること、うち2回以上は日本視能矯正学会であること ⑥専門視能訓練士の認定申請時より過去3年間に、生涯教育単位を30単位以上取得していること ⑦新人または基礎教育プログラムでの講師、新人教育技術日程、基礎教育プログラムⅢの指導経験、養成施設での非常勤講師(1日以上の講義)、年間30日以上の臨床実習指導経験が3年以上、実習施設指導者等養成講習会を受講していることのうち、3つ以上あること ⑧専門視能訓練士の認定後、後進の育成のための指導を行うことができること ⑨専門視能訓練士の申請時に勤務(常勤または同一施設で週3日以上)していること ⑩専門視能訓練士認定試験に合格していること

※3)以外は各領域共通条件

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!