視力|視能の矯正・視力に関する専門団体「日本視能訓練士協会」

日本視能訓練士協会
サイトマップ交通アクセスお問合せ文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

小児治療用眼鏡について

治療用眼鏡等の療養費支給申請について

日本視能訓練士協会

弱視、斜視及び先天白内障術後の屈折矯正が必要な9歳未満の小児は、治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズ(以下、治療用眼鏡等)の作成費用が、健康保険の適用となり、療養費の支給を受けることができます。

対象年齢・疾病

小児弱視等の治療用眼鏡等にかかる療養費の支給対象は、9歳未満の小児
小児弱視・斜視・先天白内障術後の屈折矯正の治療用眼鏡およびコンタクトレンズが対象

※一般的な近視などに用いる眼鏡やアイパッチ、フレネル膜プリズムは対象となっておりません。

申請方法

患者様が全額自己負担で「治療用眼鏡等」を購入した後に、下記の書類を加入する健康保険の組合窓口等に提出し、療養費支給申請することによって、患者様負担割合以外の額が国で定めた交付基準の範囲内で保険給付されます。

申請に必要な書類

  • 1.療養費支給申請書(加入している健康保険組合窓口等にあります)
  • 2.眼科医の「治療用眼鏡等」の作成指示書の写しおよび患者様検査結果
  • 3.購入した「治療用眼鏡等」の領収書

このうち、眼科医の「治療用眼鏡等」の作成指示書および患者様の検査結果については、特に決められた型のものはなく、一般的に使用されている眼科医が発行する処方箋に検査結果(「治療用眼鏡等」装用後の視力等)を記入したものでもよいとされております。

治療用眼鏡等の更新

5歳未満の小児にかかる治療用眼鏡等の更新は、更新前の治療用眼鏡等の装着期間が1年以上ある場合のみ、療養費の支給対象

5歳以上の小児にかかる治療用眼鏡等の更新は、更新前の治療用眼鏡等の装着期間が2年以上ある場合のみ、療養費の支給対象

Copyright (C) Japanese Association of Certified Orthoptists. All Rights Reserved.