視力|視能の矯正・視力に関する専門団体「日本視能訓練士協会」

日本視能訓練士協会
サイトマップ交通アクセスお問合せ文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

視能訓練士の業務内容

視能訓練士は、視能検査と視能矯正のエキスパートです。

視能訓練士の業務内容

人間の一生にかかわる「目」の健康管理。私たち視能訓練士は、眼科領域における専門技術者として、乳幼児からお年寄りまで世代を超えて、皆様の大切な目の健康を守るお手伝いをしています。

  • 01 眼科一般検査
  • 02 視能矯正
  • 03 健診業務
  • 04 リハビリ指導
↓

1.眼科一般検査分野(眼科診療に係わる視機能検査全般)

眼科一般検査

遠視、近視、乱視といったような屈折異常に関する検査、白内障、緑内障などの眼疾患に関する検査、眼鏡やコンタクトレンズの処方に関する検査等を行います。具体的には、主に以下のような検査を担っています。

視力検査、屈折検査、眼圧検査、視野検査、眼底・前眼部の写真撮影および解析、角膜形状検査、電気生理検査、超音波検査など
  • 視力検査の様子
  • 眼底写真撮影の様子
  • 超音波検査の様子
  • 視野検査の様子

2.視能矯正分野(斜視、弱視などの訓練指導)

視能矯正
視能矯正

視能訓練士は、両眼視機能の異常を持つ斜視、弱視の患者さんに両眼視機能を回復させるための視能訓練及びこれに必要な検査を行います。

両眼視能検査、眼筋機能検査、斜視訓練、弱視訓練、精密屈折検査など

3.検診業務分野(集団検診視機能スクリーニング)

集団検診
集団検診

眼疾患の予防には早期発見、早期治療が大切です。また、生活習慣病が、眼科検診から見つかることもあります。視能訓練士は健診(検診)業務にも参加しています。

3歳児健康診査、就学時健康診査、生活習慣病検診など

4.視力低下者のリハビリ指導

リハビリ指導
リハビリ指導

高齢化社会、生活習慣病の蔓延などに伴い、視機能が十分に回復しない方が増えています。そのような方に、早期にロービジョンケアを開始し、必要な補助具を選定、その使い方を指導します。

拡大鏡、拡大読書器、単(双)眼鏡、遮光眼鏡など
STEP 01
視能訓練士とは
→
STEP 02
視能訓練士になるには
→
STEP 03
視能訓練士の業務内容

Copyright (C) Japanese Association of Certified Orthoptists. All Rights Reserved.