視力|視能の矯正・視力に関する専門団体「日本視能訓練士協会」

日本視能訓練士協会
サイトマップ交通アクセスお問合せ文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

ま目知識

ま目知識01
→
ま目知識02
→
ま目知識03
→
ま目知識04
→
ま目知識05

3歳児視覚検査を受けましょう

三歳児健診マニュアルダウンロード

三歳児健診のマニュアルをダウンロードしてご利用いただけます。

三歳児健診マニュアル
検診結果記入用紙例
三歳児眼科検診の現状の調査結果

3歳児視覚検査を受けましょう!

両眼視の話の中で、両眼の視力が等しく良好であることが両眼視にとって重要だということをお話しました。またそのためにも早期に発見、治療することの大切さはおわかりになられたことでしょう。

視力測定の練習

小児の視力は、6歳までにほぼ完成されますが、感受性の高い3~4歳の頃に治療を開始できるかどうかということは、予後にもかかわってきます。 このことから、平成3年度から3歳児健診における視覚検査が導入されました。

多くの自治体では、アンケートと家庭での視力チェックという方法がとられています。

3歳児での視覚検査によって、それまで就学児健康診断で発見されていた多くの弱視や斜視の子供たちが、もじどおりピカピカの1年生として小学校入学を迎えることができるようになりました。3歳児健診における視覚検査を是非受けましょう

3歳児健診の視力検査について

ランドルト環

小児の視力検査は、輪の一箇所が切れたランドルト環という視標を使って、その切れ目の方向(上下左右)を指で示すという方法で行います。(3歳児健診では、絵視標を使用している自治体もあります)

検査の距離と輪の大きさによって視力の値が決まっていますが、3歳児健診では、多くの自治体で0.5に相当する輪の切れ目が見えるかどうかを家庭でチェックするという方法で行われています。(検査の距離や方法は、各自治体で決めた基準があります)

それは、3歳児健診の時点で0.5が見えていれば、就学時にはほぼ問題なく発達しているということがわかっているからです。

家庭での視力チェックでは、次の点に気をつけましょう

それは、3歳児健診の時点で0.5が見えていれば、就学時にはほぼ問題なく発達しているということがわかっているからです。

その1:片目を確実にかくしましょう

検査の距離は、最低でも2.5m離れた位置で片目づつ行います。そのときに大切なことは、片目をかくす時、もう一方の目が絶対に見えないようにガーゼやティッシュペーパーなどで確実にかくすということです。片目だけが弱視になっている場合、よい方の目でのぞいてしまったために早期発見できなかった例がまだまだみられます。よい方の目は、わずかな隙間からだって見えてしまうということをお忘れなく!

その2:切れ目の方向を指で示せない時は、ハンドル遊びでやってみましょう

3歳児にとって、離れた位置で輪の切れ目の方向を指で示すということは、難しい課題でもあり、理解出来ない場合もあります。その時は、外径20cm、内径18cm位の一箇所が切れた輪を厚紙で作って、ハンドルとして持たせて、切れ目を一緒にして!と言って検査してみましょう。

片目をかくして測定
ハンドルを使って測定

その3:視力が出来なかったら、半年後くらいに必ず再検査してみましょう

小児の成育には個人差があります。3歳児健診の時に視力検査の意味が理解できなくても、1ヶ月もしないうちに出来るようになることも多いものです。また3歳6ヶ月過ぎるとほとんどの子供たちがちゃんと視力検査ができるようになります。検査はできなかったけど、遠くの看板も見えているみたいだから目は悪くないと思っていた!という子供たちの中に、片目だけが弱視という場合も少なくありません。4歳までには、必ずもう1度検査してみましょう。

その4:家庭で検査が出来なくても、こんな時は要注意。眼科専門医を受診しましょう。

離れた位置で出した視標に近づいていって見ようとする。片目をかくした時、どちらか一方の時にだけ嫌がってガーゼをはずそうとする。

視力検査は自覚的な検査ですから検査のやり方が理解できることが必要です。でも、3歳6ヶ月過ぎになると大半の小児は検査が出来るようになります。また、眼科では、視力検査が出来なくても、他の検査によって治療を必要とするかどうかの判断をします。まだよくわかっていないみたいだから!とか、見えているようだから!といってそのままにしないで、3歳になったら視力検査をやってみましょう!!

3歳児視覚検査を受けましょう!
小児の視力は早期に発見、治療することが大切さです。

ま目知識01
→
ま目知識02
→
ま目知識03
→
ま目知識04
→
ま目知識05

Copyright (C) Japanese Association of Certified Orthoptists. All Rights Reserved.