視力|視能の矯正・視力に関する専門団体「日本視能訓練士協会」

日本視能訓練士協会
サイトマップ交通アクセスお問合せ文字サイズ
文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

公益社団法人への移行

日本視能訓練士協会は2012年4月1日に社団法人から公益社団法人に移行しました

日本視能訓練士協会は、視能訓練士の職能団体(任意)として1971年に発足し、会員の資質向上に向けた学術・教育事業を中心に活動して参りましたが、会員が増加し組織も充実したことから、社会的に認められ国民医療に寄与できる団体を目指し、1988年に社団法人として認可を受けました。以後、主務官庁である厚生労働省の指導のもとに、幼小児の弱視等治療用眼鏡への療養費給付の実現、3歳児健康診査視覚審査のスクリーニング精度を向上させるためのマニュアル作成、母子健康手帳用「目の健康チェックシート」の立案・作成など、主として弱視や斜視の早期発見・早期治療に向けた活動を積極的に行って参りました。

2008年の公益法人制度改革に伴い、2011年度に移行を申請、公益認定委員会の答申を経て内閣総理大臣から認定をいただき、2012年度から公益社団法人に移行致しました。

今後は内閣府の監督のもと、公益目的事業の計画的実施・拡充に努め、運営の透明性を確保した上で、役員をはじめ会員の一人ひとりが国民の眼保健衛生の維持向上と視能障害防止に寄与して参りたいと思っております。

皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Copyright (C) Japanese Association of Certified Orthoptists. All Rights Reserved.